クレジットカード審査にスーパーホワイトは不利?

ホワイトとは「白」ですね。
クレジットカード業界では、個人信用情報機関にクレジットヒストリー(以下クレヒス)と呼ばれるクレジットカードなどの利用状況が登録保管されていて、入会申込みがあると加盟業者はそこで申込者のクレヒスを確認できるようになっています。
ホワイトとは、その記録が真っ白な人、つまりクレヒスが無い人のことです。
新卒社会人がクレヒスが無いのは当然ですが、30歳を越えた人がホワイトなのは怪しいです。
原因は自己破産で一定期間クレジットカードが作れなかった人が期間終了で情報機関の記録が真っ白になったか、今まで現金主義でクレジットカードを使わなかったか、いずれかということです。
ちなみに、自己破産の人の場合はホワイト、現金主義だった人の場合はスーパーホワイトと言います。
両者は天と地もの差がありますが、クレジット会社から観ても区別がつかないので敬遠されてしまいます。
クレジットカード審査アコム簡単?事実!【キャッシング専用もあるの?】